2009年02月22日

Omaha Hi/Lo プリフロップ4 ブラインドスチールとショートハンデッドゲーム

ブラインドスチール

カットオフかボタンにいて全員フォールドで回ってくることがケースがある。そのときにそこそこ強いハンドを持っているなら、レイズをすれば、ブラインドスチールが成功するか、ポジションを持った状態でブラインドとヘッズアップになる。スチールに適したハンドはローもハイも狙える複数人対戦時で活躍できるハンドだ。いわずもながらAがベストである。

スチールレイズするときは、私はA-5-6-T,A-4-7-Q のスーテッドAというようなAと2枚のローカードでオープンレイズをする。フロップペアとローのドローが狙えるハンドでだ。ヘッズアップで重要なのは、


ナッツローにこだわる必要は無く、ハイもローも狙えるハンドをプレイすること


であるから、2枚のブロードウェイカードとローカードA-K-J-5というようなローが弱いハンドでもレイズでき、A-Q-Q-4,A-K-K-5というようなローが弱いハンドでもレイズできる。Aが含まれていない4枚のローカード5-4-3-2,6-5-3-2,6-5-4-3 シングルスーツ以上もスチールできる。AAもスチール可能だ。ローが狙えないハイオンリーハンドはここではフォールドを第一に考えよ


※ヘッズの場合はローはおまけでハイ優先でいいと思う。 でも、ローが狙えないのではスチールはできないでいいのか。やっぱりA封印プレイはできんわな


ショートハンデッドゲーム

ショートハンデットゲーム(4〜5人参加ゲーム)をプレイしているときは常に誰かがポットに参加することになる。私がここで述べたのはフルテーブル(9〜10人参加ゲーム)用のストラテジーであって、プレイヤーが極めてルーズであるということは想定していない(Q-J-7-7,K-Q-T-5,9-9-6-6,T-9-8-7というようなハイローでは通用しないハンドを平気で参加するものはいないということを前提に考えている)このようなルーズプレイヤーがいる場合は、


[A-4-K-Q,A-4-5-T スーテッドA]というようなハンドを持つなら、1対1に持ち込むようにレイズをすべきである。


私がフルテーブルのカットオフかボタンにいて、1人のプレイヤーが参加している場合で、そのプレイヤーがどういった基準でスターティングハンドをプレイしているか把握できているなら、A-K-Q-3,A-J-T-4 スーテッドAというようなハンドを持っている場合、ストラテジー通りならコールするハンドでも1対1になるようにムーブしたい。ここで私がレイズすれば後続のプレイヤーが落ち、ポジションも取れた状態でフロップを見に行ける可能性が高くなるからだ。



【今回の要約】


・ブラインドスチールするときはナッツローは必要なし ハイもローも狙えるハンドでレイズせよ Aは貴重

・ショートハンデッドゲームは、A-4-K-Qというようなフルリングゲームではマージナル扱いされるハンドでも充分強い ルーズプレイヤーが相手ならヘッズに持ち込むようガンガンレイズすべき


・レイトにいるときはヘッズアップに持ち込めるようレイズするという選択肢もある。そうする場合は、相手がどういうプレイヤーかきちんと把握してレイズすること



posted by Nick O at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ Hi/Lo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Omaha Hi/Lo プリフロップ3 ブラインド時のプレイ

ブラインド時のプレイ


ブラインドでプレイするときは、金をたくさん持っているときにプレイしなければならない。ブラインドにいても平常時のスターティングハンド基準を継続的に維持すべきだ。問題はブラインドにいて、オマハハイローで弱いハンドが配られたときである。

ポジションを持っていないので、どのようなハンドを持っていても不利になる。K-Q-J-5というようなローを作ることができない弱いハンドは捨てよ.


最初に払うブラインドは、プレイすべきかどうかの指標となる。例えば、$15/$30のゲームでは SB 10$ BB 15$となり、誰もレイズしなければ、SBは5$払うだけで見に行く事ができる。どんな4枚のカードを持っていたとしてもトリプスにならないなんてことはないので見に行く事ができる。しかし、

BBや前からレイズが入ってくることがあるならば、あなたレイトポジションでレイズが入っていないときに参加できるハンド以上の強さを持つハンドを持ってコールせよ。


この点はどのステークスのゲームでも同じことが言える。


$10/$20 SB $5/ BB $10ゲームの場合、多くの場合はレイトからリンプではいるハンドスーテッドA+絵札ペアというようなハンドをコールするのは良い だが、9-8-7-6というようなミドルカードハンドをプレイするのは疑問に感じるが、ハーフベットにコールするには充分だ(レイズがあったら降りる)


$3/$6 SB $1/ BB $3ゲームの場合、私はタイトにSBをプレイしたいところだ。レイトポジションからリンプで入れるハンド以上のときにコールせよ


【今回の要約】

・SBからの参加がハーフベットより大きくなる場合は、レイトポジションからリンプで入れるハンドでのみコール ハーフベット以下の場合は4-4-4-4というようなよほど酷いハンドでない限りプレイできる。

・SBからの参加がハーフベット以下でもレイズが入っている場合やBBがレイザーであるならレイトポジションからリンプで入れるハンドでのみコール

・上記の点はどのレートでも適用される




posted by Nick O at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ Hi/Lo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Omaha Hi/Lo プリフロップ2 スターティングハンド考察 その2



×As-Ah-Jc-7d

捨て あなたのドローはAAによるトップセットのみ 残念な事にローにより簡単にスプリットされてしまうだろう。
最悪ローにフリーロールされかねない

◆As-Ah-3s-Td

どうプレイすべきかはゲームシチュエーションによる。多くの場合はドローが見込めるので最低でもリンプはできる。

フロップ [J-6-2]というようなフロップでオーバーペア+ナッツロードローとなるので、良い状況となる。

しかし、タイトになるレートの額(本では$10/$20レート)でこのハンドを持ったらレイズすることにリスペクトされることになる。このハンドはハイローも充分狙えるので、レイズで入りたい子のハンドはヘッズでも充分強いハンドだ。ポジションを持った状態で戦えばさらに強くなる。


◇As-4s-5d-Kd

スペキュレィティブ このハンドはホイールとスーテッドAの可能性がある。

フロップ [X-3-2]と出てナッツフラッシュドローとなれば、モンスタードローとなる。

この状態であればリバーまでカードを見に行け他の弱いローを食べることができるチャンスになる。
だからといって、プリフロップの段階で大量の金を投げ込む必要は無い。レイトポジションからリンプで入るのがよいとされるハンドなのだ。または、ルーズゲームに参加しているのならばプリフロップでレイズするかのどちらかとなるであろう。
またこのハンドはスチールに最適な手で。ブラインドとヘッズに持ち込んで戦う分には充分強いハンドだ。



×As-3c-3d-Kh

捨てハンド このハンドはA3だけで何もない 

フロップ [2-7-8]と出れば、ナッツローとなるが3のペアは何の役に立たず、スクープは厳しい

3のペアがセットになればローはできない それでスーテッドでないのでフラッシュも狙えない


×As-Kh-7s-7h

フォールド ナッツローのドローが狙えないから ハイオンリーだとしても弱すぎる


▲Js-Td-4s-2d

フォールドかリンプの境界線にあるハンド このハンドには凄く良いフロップが要求されるからだ。


フロップ [A-3-X] ナッツロードロー+バックドアストレートドロー+ホイールドロー

フロップ [A-K-Q] ナッツストレート+バックドアロードロー

フロップ [J-J-T] トップフルハウス

上記のようなフロップにならなければポットを取る事は難しいJ-T-3-2の方が良いハンドだが、このハンドもマージナルハンドに属する。


▲Ks-Kc-2s-3c

マージナルハンド このハンドはレイトにいてレイズのないプリフロップで参加できるハンドである。しかし、複数人対戦時では難しいプレイとなる。その理由とは、

フロップ [A-7-J]と出れば、ナッツローは狙えるが、Kペアが生かされない

このハンドはKのフロップセットしかない弱いハイハンドなのだ。


◇Ad-Ks-Kc-4d

複数人対戦が狙えるゲームではギリギリプレイできるハンド しかし、レイトにいてブラインドを相手にする場合はかなり強いハンドとなり、レイズで参加することができる。

posted by Nick O at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ Hi/Lo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Omaha Hi/Lo プリフロップ1 スターティングハンド考察

【基本的な使い方】
★どんな状況でもレイズ・リレイズできるハンド (割合 レイズ100%)
☆かなり強いハンド 状況によりリンプとコール (割合 レイズ>リンプ)
◆平均〜少し強いハンド (割合 レイズ<リンプ)
◇平均的なハンド アーリーポジションではフォールド (割合 リンプ=フォールド)
▲ブラインドにいるときかボタンにいてレイズの入ってない状況でリンプ限定のハンド (割合 リンプ<フォールド)
×確実に捨てるハンド(割合 フォールド100%)

【状況により修正するケース
スリーベット(プリフロップでリレイズ)があった場合:☆以下のハンドフォールド
◆と◇に属するハンドはテーブルの状況により、レイズとコールを使い分ける



★As-Ac-2c-3s

モンスターフロップになる様子を容易に想像できる。A,2,3を持つのでナッツローやナッツロードローとAペアを持つので同じくナッツローハンドからハイを勝ち取れる。セットになればナッツロードローを持つことができる。そして、2枚のスーテッドAを持つのでナッツフラッシュを作ることもできるうえ、ホイールラップの可能性を持つこのハンドはヘッズでもマルチウェイでも活躍できるオマハハイローの最強のハンドだ。

▲8s-7c-6s-5c

このハンドは酷い フロップナッツストレートとなる可能性は高いが、ローを取れる可能性は極わずかなので、スプリットポットがベストパターンとなる。このハンドはナッツローができた相手からより大きなストレートドローやフラッシュドローでフリーロールされる恐れがある。フロップフルハウスとなればロードローはなくなり、ロー相手にスプリットされる可能性がある。

フロップ [8-8-7] OpponentA-2-8-K

となっていればKが出ればスクープされ、3,4,5,6が出ればナッツローとなり、スプリットされる事になる。


×Js-5h-2s-2h

捨てるべきハンド 勝てる手段はクアッズができることのみで確率は極めて低い

フロップ [7-2-2]と出たとしても、A3にローを作られスプリットとなることも多い 22はボトムセットにしかならずローもできなくなる。良くてスプリットで悪くてスクープされることになる。

フロップ [A-3-4]と出ればハイもローも取れるが、A-A-2-5というハンドを持っていたほうが良いに決まっている。敵がA-A-2-5を持っていればナッツフラッシュとなる可能性も高く、ローは半々でクォーターにしかならないというケースによく出くわす事となる。

フロップ [Js-4h-3s]と出れば、オープンエンドストレートドロー+トップペア+2種のバックドアフラッシュ+ものすごく弱いロードローとなるが、このようなハンドをプレイしても長い目で見て勝つことはできない、A-2-5-Jというハンドに簡単にドミネートされる。このハンドは捨てるべし



◇2s-3h-Ks-Th

このハンドはマージナルと平均的なハンドの中間辺りで、マルチウェイ(他人数対戦)で戦えるハンドでもあり、相手をテストする上でも使えるハンドとなる。ベストなフロップを紹介すると、

フロップ [As-Qs-Jh]と出れば、ナッツストレート+ナッツフラッシュリドローとバックドアナッツドローとなる。

フロップ [As-4s-5h]と出れば、ホイールとナッツフラッシュドローとなる。


フロップ [As-Jh-7s]と出れば、ナッツロードロー+ガットショットストレートドローとナッツフラッシュドローとなる。

フロップにAが出るかどうかが鍵となるハンドだ。


◆Ac-2d-4c-6h

高いポテンシャルを秘めたハンド ナッツローとナッツフラッシュドローを持つ

フロップ [5-3-X]と出れば、16ストレートドローとバーストしないナッツロードローとなる。

フロップ [7c-5h-3c]と出れば、ナッツストレート+ナッツフラッシュドロー+バーストしないナッツローとなる。


☆Ac-2c-3d-Kd

◆Ac-2d-4c-6hよりも良いハンドである。A-2-3の組合せはプレミアムロードローとなり、フロップにAが出てもトップペアトップキッカーとナッツロードローとなる。

フロップ [A-K-7]と出れば、トップツーペア+ナッツロードローとなる。DSなので2種類のフラッシュも狙え、ホイールも狙える。このハンドはオマハハイローで凄くベストなハンドだ。



▲Qs-Jd-Ts-9s

マージナルで捨てハンド このハンドはどう見ても捨てた方が良い

フロップ [8-7-6]と出れば、ローにスプリットされ、フリーロールされかねない

フロップ [9-8-7]と出れば、ローにスプリットされる恐れがある。

フロップ [T-9-8]と出れば、より強いストレートやフラッシュに敗れる事になる。リミットゲームはベットする事でナッツフラッシュドローを降ろすことはできないのだ。

フロップ [J-T-8]と出れば、A-2-K-Qというようなブロードウェイラップ+バックドアナッツロードローというハンドにやられる可能性がある。

より強いハイオンリーハンドK-Q-J-T痛めつけられるだろう


posted by Nick O at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ Hi/Lo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Omaha Hi/Loスターティングハンド4  2−3 Hands Marginal Hands

2−3 Hands

2-3 Handsはマージナルでもあり、スペキュレィティブハンド(低確率で大きなリターンがある可能性を持つハンド)の中でベストなものとなる。

2-3Aが出ればナッツロードローになるが、出なければナッツローにならない

悪い点はそれだけでなく、2-3だけではハイを勝つのは奇跡的なフロップにならない限り不可能に近い。(Aと違いトップペアもナッツフラッシュも望めないから)

これらのハンドはポジションの無い状態で戦うのはかなり難しい。2-3系ハンドをプレイするための3つの要素を説明する。以下に挙げる3つの要素を満たさない限り2-3マージナルハンドとなる。


1.スクープできるハンドをプレイせよ

2.最低でもシングルスーツ以上のハンドをプレイせよ

3.レイトポジションかブラインドでプレイせよ



2-3でプレイできるタイプのハンドを紹介


【2−3−4−]】

2-3-4-5,2-3-4-6,K-2-3-4,J-2-3-4のシングルスーツ以上というようなハンドを指す。これらのハンドを持ちフロップにAが出ることが必要条件となる。Aが出ればインサイドホイールラップが狙えて、ナッツロードローという形になるからだ。ハイカードを伴ったK-2-3-4というようなハンドでハイカード部分がスーツであるなら、ナッツロー+ナッツフラッシュドローとなりポテンシャルが高まる。

2-3-3-4.2-2-3-4,2-3-4-4というようなペアを伴ったハンドや2-3-5-Xというハンドでも同じような解釈ができる。

【2−3+ブロードウェイカード(K,Q,J,T)】

2-3-J-Tというようなハンドは、面白い可能性を持つ フロップにAが出れば、ナッツロードローになり、AとKかQが出れば、ナッツロードローとストレートドローとなるのだ


例1 You Hold 2d-3c-Jc-Td

フロップ [ Ks Qc 4h]

あなたはここでオープンエンドストレートドローを持つ、ターンでAが出ればナッツストレート+ナッツロードローという凄く強いハンドになる。


【2−3+KK,QQ】

K-K-2-3,Q-Q-2-3はリミットでギリギリプレイできるハンド Aがフロップに出ればナッツロードローとなるけれど、手持ちのペアは崩れる事になる。セットができればローをドローする可能性は低くなり、かつストレートドローやフラッシュドローにまくられる可能性もある。


例2 You Hold Ks-Kc-2s-3c

フロップ [ Js 7c 4h]

ハイはオーバーペアでローはサードベスト(A2,A3)のドローとても良いとは言えない

J-J-2-3はさらにマージナルとなり、T-T-2-3は最悪のライン 


例3 You Hold Js-Jc-2s-3c

フロップ [ Js 7c 4h]


フロップセットと2枚のローカードというフロップではあなたには半分のポットを手にする事はできると思う。


例4 You Hold Js-Jc-2s-3c

フロップ [ Js Tc 5h]

A-2-K-Qというようなハンドにスクープされる恐れが出る。



例5 You Hold Js-Jc-2s-3c

フロップ [ Qs Jc Th]

ハイオンリーのフロップになったらナッツストレート持ちがありえる上に、あなたのセットはトップではない([J-T-9]というフロップを除く)



TTはいつでも2枚のハイカードが並ぶフロップでトップセットにはならずないか、オープンエンドストレートドローがあるボードになるかのどちらかになる


Marginal Hands


極めて数も少なく、分類されないマージナルハンドを紹介する。これらのハンドはボタンかブラインドにいて前にレイズが来なかった場合のみプレイできる。


1.A3(スーテッドAじゃない) 例:A-3-J-8

2.A4(スーテッドA)+2枚のブロードウェイカードorストレートドロー系 例:As-4d-Js-Th,As-4s-6d-7d

3.2−4+ビッグペアor2枚のブロードウェイカード シングルスーツのもの 例:K-K-4-2,J-T-4-2 




A-K-Q-5 スーテッドAはフルテーブルのリングゲームでギリギリプレイできるハンドの中でベストに近いハンドである。

posted by Nick O at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ Hi/Lo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Omaha Hi/Loスターティングハンド3  High Only Hands

High Only Hands

個人的意見だが、ハイしか狙えないハンドはリミットオマハハイローで過大評価されていると思っている。

ここでいうハイハンドの定義4枚全てが9以上のカードでシングルスーツ以上のもの あなたは4枚がT以上で少なくともシングルスーツであるハンドはフロップでローカードが2枚または3枚出ない限りは良い状況になると思っているだろう。

しかし、フロップでローカードが2枚以上出現する確率は63%もある。

ハイだけのハンドは2枚のローカードが出た時点でスプリットされる可能性が出て、3枚目が出たらフリーロールをされてしまうのである。ナッツではないフラッシュドローをしに行くのは間違いでドローしにいくのはコストが掛かる。ナッツフラッシュドローはロードローでも持っている可能性があるからだ。

ビッグペア(KK〜JJ)とナッツでないフラッシュドローは極めて弱いハンドなのだ


例1 You HoldQs-Qc-Js-Tc OpponentAs-2c-3s-Ks

フロップ [ 9s 8c 4s]

あなたは12カードナッツストレートドロー+フラッシュドロー+バックドアフラッシュドローを持っている。

敵は2オーバーカード+ノーバースト21ナッツロー(ペアができてもローが作れる状態)+あなたより大きいフラッシュドローを持つ

A,Kが出ればあなたのQペアは崩される事になり、ターンでローカードが出ればあなたは敵にフリーロールされることになる。


あなたのナッツでないフラッシュドローはコストとなりあなたの金を減らすであろう。

オマハハイローはハイ・ローのフロップで対応できるA-2-K-Qのようなスターティングハンドが好ましいといえる。

ハイオンリーハンドで稼げる状況とは、多くのプレイヤーがいいローで多数参加している状況でローが成立しなくなったときに稼げる。ハイカード3枚出ればローは死ぬからだ。


<プレイできるハイオンリーハンド>

4枚がT以上でシングルスーツ以上のもの(PLOのプレミアムハンド)


このハンドはプレイングの上手さが要求され、一般的にレイトポジションにいればアドバンテージをもたらすだろう。

posted by Nick O at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ Hi/Lo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Omaha Hi/Loスターティングハンド2  Pocket Aces

AA Hands

オマハハイローでAAはポットリミットオマハとは別の価値を持つハンドだ。私はAAはポットリミットオマハよりもリミットオマハハイローの方がプレイできない状況が多いと信じている。
あなたはAAをシングルベット(レイズのないプリフロップで)でプレイすべきじゃないと思っているだろう。あなたがオマハハイローでAAだけを持っているとき、後ろにコールで参加するのが妥当な持っている敵に対してプリフロップでレイズすることを決めなければならない

AAだけしか持っていないのなら、

捨てるか、ヘッズに持ち込む覚悟のレイズ

という選択になる。

A−A−2−Xはどのポジションからでもリレイズできるハンドだ。特にスーテッドAか他のローカードを持つ場合、その強さは際立つ。A−A−2−Xは対戦相手の人数に関わらずいいハンドで、中でも


A−A−2−3 DS

オマハハイローの最強ハンドと言われている。


※中々お目にかかれるハンドではないとだけ記述しておく


最初のアクション,前にリンプ1人いる場合は、 A−A−3−X, A−A−4−X(特にスーテッドA)でレイズすることでプレイヤーを絞る。

しかし、多数のプレイヤーがリンプする"ZOOゲーム"であるならあなたのレイズにコールするだろう。2人以上参加している場合と、ブラインドにいる場合はリンプをする。

A−A−3−X, A−A−4−Xはヘッズアップではかなり強いハンドだ。特にポジションを持っている場合は強さが増す。しかし、より多くのチップを引き出させるためには多数参加の状態でフロップを見に行くのを待つべきだ。


A−A−5−X+スーテッドAは最初にレイズを仕掛けたいハンドだ。ただ多くのプレイヤーが参加する"ZOOゲーム"ではレイズを諦め、前のポジションでは降りることを薦めたい。


あなたはAA系ハンドを選んでプレイすることになるが、AAはリンプすべきハンドだ。ただ前のプレイヤー全員がフォールドしてるならブラインドにスチールを喰らわせるチャンスとなる。ここでAA+スーテッドA,2枚のローカード(2〜5のどれか2枚),2枚のブロードウェイカード(T〜K)を持つなら、スチールをしに行く

A-A-K-7,A-A-J-6,A-A-8-7こういうハンドはいつでも捨てるべきだ(特にオフスーツの場合は) エースペア単独ではとてもリバーまでカードを見に行く事はできないAのトップセットができたとしてもローが相手ならスプリットされて、最悪フリーロールされてしまうことになる。

エクセプションセプションとして、

1人のプレイヤーがレイズをしてきたら、そのレイザーに対してポジションを取れる場合はスリーベット(リレイズ)することでヘッズに持ち込んでもよい そうする場合は捨てるべきAAハンドでもできる

ただし、

スリーベットがあっても構わずにどんな4枚のカードでも参加するプレイヤーがいる場合はこのプレイをしてはならない


オマハハイローの目的はスクープしてポットを取るという事を思い出して欲しい

posted by Nick O at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ Hi/Lo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Omaha Hi/Loスターティングハンド1 A2 A3 A−4−5

A2 Hands

多くの場合、A2系ハンドを持てばフロップを見に行く事ができるだろう。一般的にアーリー,ミドルからはリンプで入り、複数人対戦の状態になるように仕向けたい。レイトポジションからは前にリンプで入った者がいるなら、

A2+スーテッドA,A−2−3−X,A−2−4−X

というハンドでレイズするのはいいことである。だが、A-2-9-7,A-2-K-9 オフスーツというような弱いA2ではリンプで参加しよう。


ブラインドにいるときは強いA2ハンドA−2−3−X+スーテッドA,A−2−4−X+スーテッドAというようなハンドでレイズをする。

$3/$6,$4/$8,$5/$10というようなZoo(多数のプレイヤーがルーズに参加する低レートテーブル)ゲームではいい手を持ったらレイズせよA−2−3−X,A−2−4−X+スーテッドAを持っているなら、どのポジションからでもレイズで参加せよ。ただ、あなたのレイズに対してリスペクトされうようになると思われる$10/$20レートでは、複数人対戦の状態を作るためにアーリーからはリンプで参加すること


A2を捨てるべきケースというのは、あなたがA2と弱い組合せを持っているときにレイズに対してリレイズが発生した時である。
相手はおそらくA-A-X-X,A-A-2-Xというハンドを持っているからドミネートされている状態で、少人数でフロップを見に行く事になるから。



A3 Hands

A3+スーテッドA,A3+2枚の絵札はリンプで参加 レイトポジションから A−3−4−X,A−3−5−Xをリンプで参加

A3ハンドはマージナルハンド(参加するかどうか微妙なもの)のなかでベストの位置にある。レイトポジションにいてレイズが起きずミニマムベットの状態からフロップを見に行ける理想的な展開だ。
レイズに直面した場合、ブラインドにいない限りA3は捨てるのが一般的になる。ワンベット(レイズがないプリフロップ)では全てのA3系ハンドをプレイできる。

だが、A−3−4−X+スーテッドAというような手を持ちレイトにいて、かつ多数のプレイヤーが参加している場合はレイズが起きていても参加できる。



A−4−5−X+スーテッドA Hands

A−4−5−X+スーテッドA Handsはレイトポジションでリンプ。
もしルーズパッシブなゲームなら前のポジションからリンプする。
だがレイズがそれなりの頻度で飛んでくるタイトテーブルでは前のポジションにいるときは捨てよ。このハンドは2ベット(プリフロップでレイズ)まではコールできるハンドだ。

フロップで[2−3−X]と出た場合でA4を持っているなら特に価値がある。確率的に25回に1回の割合でそのようなボードに巡り合う。そこでナッツフラッシュドローを持っているのならばいいハイハンドを持っているということになる。

posted by Nick O at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ Hi/Lo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Omaha Hi/Loの基礎その5 スターティングハンドが悪くなる要素

スターティングハンドが悪くなる要素





TRIPS(ハンドにスリーオブアカインド)

Trips(ハンドにスリーカード)はものすごいハンディキャップを背負っている状態である。特にスプリットポットが存在するオマハにとってはなおさらである。
このハンドでスクープをするのは極めて困難だ。このタイプでプレイしていいハンドは、


A-2-2-2のスーテッドA,A-A-A-2のスーテッドA


上記以外は全て捨てよ。



・THE DANGLER(機能しない1枚)

ポットリミットオマハではときにはこういったハンド(例 K-Q-J-6)をプレイし、シングルベットをしポットを勝ち取る事が結構ある。
ポットリミットオマハではこのような手もプレイできるが、しかし、リミットオマハハイローにはこのような3枚しか使えないハンドは全くダメである。ハイもローも作るのにハンディキャップを背負わなければならないのだ。


Kd-Qs-Jd-4sこのハンドはハイもローもできない4が全く役に立っていない。

Kc-Kd-Qc-6d同じくこの手も捨てになる。6が全く役に立たず KKのセットしか手段がない弱いハンドだからだ。


上記二つもスーテッドだが、Aハイフラッシュ持ちに敗れる。こういう手で戦っても大抵はスプリットされてしまうのだ。


※オンラインの低レートでは(1/2以下のフルテーブル) ボタンやレイズの入っていないSBでは参加するのもありだと思う。本はローレートのオンラインテーブルを対象としていないようだから



・ミドルカード(9,8,7,6)

ミドルカード(9,8,7,6)はオマハハイローにおいてゴミ屑のような存在である。フロップでミドルカードを上手くキャッチできたとしても、ローやロードローの可能性が出てくる(このケースの場合スプリットポットとなるであろう)かまたは弱いハイドローとぶつかる事になる。ハイロー両方とも持つ敵とぶつかった時にフリーロールされることになる。


You HoldTs 9h 8s 7h を持っていると仮定して、フロップごとのケースを説明する。


例1.

フロップ[ 8 7 6 ]  [ 6 5 4 ]


あなたはナッツストレートとストレートリドローを持つが、ローができるボードになる。

例2.

フロップ[ 9 6 5 ] 


ナッツストレートだが、ロードローのボードとなる。


例3.

フロップ[ T 9 6 ] 


ナッツストレート+トップツーペアだが、より大きなストレートドロー(QJ)がありえるボード


例4.

Opponent HoldAh 2h Js Ts

フロップ[ 8h 7d 6h ] 


あなた Hi ナッツストレート+フラッシュドロー+トップツーペア Lo なし
敵    Hi ガットショットストレートドロー+ナッツフラッシュドロー Lo A2678

このまま行けばスプリットポット,9かハートが落ちれば敵がスクープすることになる。


例5.

フロップ[ 8 8 7 ] [ T T 9 ]

フロップナッツフルハウスだとしても、ローによるスプリットがありえる。ローができない[T-T-9]というフルハウスでも、より上のA-T-X-Xというようなハンドにやられることもあるのだ。


8−7−6−5のミドルカードはホイールやナッツローを作れないので、捨てるべきハンドとなる。



・レインボーハンド(フラッシュできないハンド)

ハイローはナッツローが中心となるゲームでスクープの手段は数字と関係ないフラッシュがしょっちゅう使われることになる。最低でもシングルスーツ以上のハンドをプレイすること オフスーツのハンドは捨てよ


・ポケットペア

一般的に、ポケットペアは平均以下のオマハプレイヤーに過大評価されている。
スモールペアがヒットしても、ボトムセットでローがありえる状況に、
ミドルペアがヒットしてもミドルセットでローがありえる状況(ミドルペアがトップセットになる場合はローができるボードになる)でロードロー+ハイペアが食いつきあなたのセットを打ち破る事だって結構ある。
KKやQQはローのストレートドローやローに簡単に破られる。
ポケットペアはフロップセットにならない限り、ハンディキャップとしかなりえないのである。

フロップでセットにならなかった場合、A-2-6-6よりもA-2-K-Jというようなハンドの方がスクープしやすい。6のペアがハイのベストになるということはほとんど稀だからだ。



【ハイペア(KK QQ JJ 一応TT)】

ストレート系カードか、いいローカード(A2,A3,ときには23)を持たない限り捨てる

【それ以下のペア(99〜22)】

A2,A3を持たないならば捨てる





【今回の要約】

・スリーカードハンドは(A-2-2-2,A-A-A-2)のスーテッドAのみプレイして、後は捨てる

・ミドルカードだけで構成されているハンドはプレイするな  ローは取れず、ハイもドローされて敗れる恐れがある

・ハイローはスクープにフラッシュを用いる事が多いから、スーツでないハンドをプレイしてはならない

・ハイペアはハイオンリー(4枚全てがT以上)かナッツロー(A2,A3,23があるとき)がない限り捨てる

・99以下のペアはA2,A3の組合せでない限り捨てる



posted by Nick O at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | オマハ Hi/Lo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。